趣味とフィギュアと緑と花と

我が家にあるフィギュア(主にトランスフォーマーやドラゴンボールなど)や多肉植物などを紹介するブログです。趣味で集めているものを発信したいと思います!

ダイソーグッズでテラコッタ鉢をリメイクしてみたの巻

こんにちわ、いろはの楓です。

 

育てているサボテンが大きくなってきたので、ひと回り大きな鉢を探していたのですが、お洒落なのを買おうとすると1,000円前後はします。

 

ちょっと高いな。

 

それだったら、欲しい植物の苗を買った方がいいような。

 

そんなことを思って悩んでいると、そういえば家に使用していないテラコッタ鉢があった気が!よし、リメイクしよう!

 

ということで、今回はホームセンターなどで手軽に手に入るテラコッタ鉢に色を塗ってリメイクしてみました!

 

使用した道具

今回使用したのは、既存のテラコッタ鉢に加え、ほぼダイソー商品です。いつか使うであろうと家にあったものを使用しました。

 

  • 下地塗り

f:id:kujiranohane:20190722224315j:image

テラコッタ鉢への下地を塗るのに使用したものです。左から、塗装の密着性を高めるためのミッチャクロン。塗料として使用したナチュラルミルクペイント「アースホワイト」(ダイソー)。塗装に使用したハケ(ダイソー)の3点です。

 

  • 重ね塗り

f:id:kujiranohane:20190722224310j:image

こちらは下地塗り後の重ね塗りで使用したものです。左から、ナチュラルミルクペイント「ダークグリーン」(ダイソー)。塗装に使用したスポンジ(ダイソー)の2点です。

 

下地塗り

まずは下地塗りです。ミッチャクロンを吹きかけて密着性を高くしてから、ナチュラルミルクペイントのアースホワイトを下地として使用しました。ただ塗るだけだとおもしろくないので、ハケでテラコッタ鉢をつつくように凹凸を付けて塗ってみました。

一度塗っただけだとテラコッタ鉢自体の色が透けて見えてしまうため、しっかり色を付けたい場合は二度塗りをお勧めします。

f:id:kujiranohane:20190722225340j:image

f:id:kujiranohane:20190722225344j:image

写真は、上記が一度塗り後の状態で、下記が二度塗り後の状態です。二度塗りした後の方がはっきりと色が付いているのがわかります。

 

重ね塗り

下地塗りが乾いたら、次は重ね塗りです。下地と同じナチュラルミルクペイントで、ダークグリーンを使用しました。こちらはスポンジを使用しての塗装。スポンジでたたくように色を付けていきます。

f:id:kujiranohane:20190722230138j:image
f:id:kujiranohane:20190722230149j:image

下地で凹凸を付けていたので、いい感じにムラができて模様を出すことができました。

 

仕上げ

最後に汚し塗装っぽく仕上げてみました。同じナチュラルミルクペイントのダークグリーンを部分的に重ね塗りして、上からティッシュペーパーで擦ったりつついたりして、色の濃さもまばらにさせました。とくに上の淵の部分は濃いめにして重ね塗りしました。
f:id:kujiranohane:20190722230131j:image
f:id:kujiranohane:20190722230142j:image

 

まとめ

今回の鉢のリメイクは初の試みでした。前々からお洒落にしたいなと思っていたものの、なかなか手がつけられずにいましたが、初めてにしてはうまくできたかな?と思います。

ダイソーで購入したミルクペイントは質感がよくて、1日おけば乾いて重ね塗りもできるため、手頃にリメイクしたい人にはぴったりです。下地の塗り方で表面の雰囲気が変わるような感じがしたので、今度は違う質感を出してみたいと思います。

 

以上、テラコッタ鉢のリメイクに挑戦でした!

 

その後(サボテン植え替え)

リメイクしたテラコッタ鉢へサボテンたちを植え替えてみました!

f:id:kujiranohane:20190723222728j:image

植え替えたのは、銀手マリと赤花銀手マリ、そしてセールで購入したチビサボテンの苗(種類は不明)です。手マリたちは植え替えのさい、子株がいくつかポロポロとれてしまいました。なので、子株たちも同じ鉢に植えて大きくなるのを楽しみにしています!